縁の下の活躍

水八寿裕
スポンサーリンク

(写真)大型客船ダイヤモンド・プリンセス号 (横浜市中区海岸通) posted by (C)Rubber Soul

 

豪華客船での感染拡大がメディアで取り上げられていますが、なかなか対応が難しい状況であることを2点挙げてみます。

コロナウイルスの検査がそう簡単には出来ない

全力で取り組んでいますが、一般の病院での検査のルートとは異なっており専門の検査施設での実施となります。よって船内の3000人もの乗客全員をやってしまえばよいという意見もありますが、それはNoです。症状のある感染疑いのある人が優先されるので、すぐに対応が出来ない環境下にあることは知っておくべきでしょう。

 

乗客はすべて日本人ではない

多様な国の方が乗り合わせていて、当然慢性疾患など持病のある方がいるでしょう。健康保険などが使える日本と異なり、医薬品を交付された国が異なると医療保険制度なども当然違うし、国内では未承認の医薬品も多数あるでしょう。それを一つ一つ判断して国内で流通している医薬品と照合して交付を行う作業が必要になります。

人知れず薬剤師チームが懸命に船外活動で行っていることもアナウンスさせていただきます。

avatar

ふくろうメディカル代表・株式会社実務薬学総合研究所 薬剤師
東京理科大学薬学部 臨床准教授
1968年福島県郡山市生まれ。1990年東京理科大学薬学部に入学、大学院修了(薬学研究科修士)。武田薬品工業でMRとして勤務。その後薬剤師(薬局・大学病院・診療所)人材会社を経て現職。
※ふくろうメディカル:個人事業で医療関連の著作・研修資料作成などを行なっています。

水 八寿裕をフォローする
水八寿裕
スポンサーリンク
医療者が本音で問う「激論」プラットフォーム | MEDIAN TALKS
タイトルとURLをコピーしました