【ニュース】「無症状や初期、高齢者が放出するウイルス量は高い」 日本感染症学会で識者が指摘

ニュース
スポンサーリンク

2020年4月18日、日本感染症学会のシンポジウムが開催され、現在日本の新型コロナウイルス対策にかかわる厚労省の専門家会議、クラスター対策班のメンバーの多くが登壇した。講演のなかから一般の方にも有用な内容をお届けする。

「無症状、あるいは軽症のほうが放出するウイルス量は高い」

現在クラスター対策班で全国の感染状況を解析する立場にある東北大学大学院医学系研究科 微生物学分野 教授の押谷 仁氏が登壇し、これまでクラスターを調査した中から得られた知見を共有した。

このウイルスの感染メカニズムを説明する中で、押谷氏は「症状の重症度と感染力の高さはリンクしておらず、むしろ無症状、軽症の患者のほうがウイルス量は高い」と指摘した。また複数のクラスターを分析した結果わかったこととして「高齢者の方が他の年代より放出するウイルス量が高い」ことも示した。

権威ある論文誌New England Journal of Medicineに掲載された論文より。喉あるいは鼻から放出されるウイルス量が、発症直後にもっとも高い傾向を示している https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2001737

「唾液が感染源」を示唆するデータも

NEJMと同格の最高峰の権威を持つ論文誌LANCETに掲載された論文より。唾液内のウイルス(青色)が、発症早期に認められることが分かる https://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099(20)30196-1/fulltext

押谷氏はさらに、発症初期、おそらくは発症前から唾液に相当のウイルスが含まれていることが示唆されている海外の論文データを示し「もしかすると今後は唾液検査が有効かもしれない」としながら、飲食の場が感染に繋がりうることを改めて強調した。

タイトルとURLをコピーしました