緩和ケア

西智弘

「亡くなった娘にVRで会える」は、果たして癒しなのか

亡くなられた娘さんにVRで会う、という動画が流れてきた。どうも韓国のテレビ番組のようだ。 僕はあまり賛成できない取り組みだと感じた。 お母さんの悲しみや故人に会いたいという思いは否定できな...
西智弘

ケアとPR②:公共を治療する

昨日、人生会議ポスター炎上問題で上記の記事を書いた。 本日昼に補足する連ツイをしたら意外と長くなったので、noteにまとめておこうと思った次第だ。 抗がん剤との比較で「公共の治療」を考えて...
西智弘

ケアとPR:人生会議ポスター炎上に思うこと。

(以下に、今回話題となった人生会議ポスターの図柄がサムネイル表示されます。見たくないという方は、この先を読まないか、高速で画面をとばすかなどしてください) ...
西智弘

緩和ケアに対する「医療者の誤解」

緩和ケアを受けに来る中で、 「抗がん治療は受け続けます」 という方が増えてきた。 それは「緩和ケアで苦痛は取ってほしい」「がんをコントロールしたい」という両方のニーズの表れ。私はそれは当然のことだと...
西智弘

それは、非難ではない

緩和ケア病棟長期入院できないの記事で言いたかったことは「ほら、日本の制度最悪だろ?」ということではなく、この現状を踏まえたうえでどうしたらいいか考えようということだ。 医療介護連携は早急に進めるべ...
佐々木淳

本気で思う人たちだけが、社会を本当に変えていく

エンドオブライフ・ケア協会設立三周年シンポジウム。 社会によさそうなことをしたいだけなのか? それとも、社会を本気で変えたいと思っているのか? 小澤先生たちは、本気で社会を変えたいと思っ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました