【新型コロナ】世界で3000人以上の医療従事者が死亡 人権団体が報告

ニュース
スポンサーリンク

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは13日、新型コロナウイルスにより世界で3000人以上の医療従事者が死亡したとする報告書を発表した。各国に対し、医療従事者の命を守るための取り組みを強く求めている。

死者はロシアが最多 英米が続く

報告書によると、新型コロナウイルス感染症で死亡した医療従事者は、世界79カ国で3000人を越えるという。最も死者が多いのはロシアの545人で、次いで介護従事者の数を含んでいる英国が540人。米国507人、ブラジル351人、メキシコ248人の順だった。ただ、英国の例のように介護従事者も含めたり、国ごとに集計方法の違いや過少報告の可能性もあり、実際の死者はこの集計より大きく上回る恐れもあるとした。

危険な労働環境に抗議する医療従事者に対し、当局が報復を加える国もあるとも指摘しており、アムネスティは報告書で「医療従事者の命をもっと真剣に考えて欲しい」と訴えている。

タイトルとURLをコピーしました