ニュース

ギリアド、レムデシビルの無償提供を表明

2020年5月8日

米製薬会社ギリアド・サイエンシズの日本法人は8日、厚生労働省が新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認した「レムデシビル」について、当面は日本での処方分を無償提供すると明らかにした。

同社はすでに、世界で14万人分を臨床試験に無償提供すると発表しており、今回はその一部に含まれる。日本への供給量は明らかにしていない。レムデシビルについては米国での臨床試験が先行し、先週、米食品医薬品局(FDA)が緊急使用を認めたが「安全性と有効性は限られる」と指摘している。日本では、緊急使用を認めた根拠となる臨床試験の成績を鑑み、特例承認制度を活用して昨日保険適用を認めた。なお、米国での試験とは別に、国際共同治験として国立国際医療研究センターなどで患者に投与されているが、治験中ということもあり、成績などはまだ正式公表されていない。


You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply