ニュース

新型コロナウイルス感染抑制へ、信頼できる情報源の公開続く

2020年2月26日

日本における新型コロナウイルスの感染状況は、2月下旬に入り市中感染の段階に入ったと認めざるを得ない状況になっている。政府も本日(2020年2月26日)、首相が今後2週間の大規模イベントの中止要請を行うに至った。一方で、医療関係者や自治体などが感染拡大抑制に向け、インターネットを活用し信頼できる情報を公開する取り組みが相次いだ。

自治体の情報公開、福岡市の取り組み

各自治体はそのホームページで保健所の情報や受診・相談の目安、感染拡大抑制に向け手洗い励行などのお知らせを掲出しているが、中でも福岡市が公開している情報は、平易で分かりやすい事例のひとつだ。感染者の情報だけでなく、PDFで咳エチケットやマスクの作り方、消毒用アルコールがない場合での消毒・除菌方法についてまとめており、感染していない人たちが留意すべき実用的な情報が取り上げられている。

外部リンク:福岡市からのお知らせ 使い捨てマスクがない場合
外部リンク:福岡市からのお知らせ 消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌について

 

東北医科薬科大学病院、感染予防ハンドブックを公開

医療機関も感染拡大抑制・防止に向け、有益な情報発信を行なっている。東北医科薬科大学病院は、ホームページで19ページにもわたるまとまった情報源をハンドブックとして公開した。市民向けとなっており、新型コロナウイルス自体の説明から始まり、症状、感染経路の説明、感染抑制・防止に必要な行動、消毒液の作り方まで体系的にまとめている。特に、近親者が感染した場合どのように接したらよいかについても記載している。

外部リンク:東北医科薬科大学病院 新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック

 


You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply