楽天のPCR検査キット販売見合わせ 「開発会社の経営体制変更のため」

ニュース
スポンサーリンク

楽天は30日、出資先であるジェネシスヘルスケアが開発した新型コロナウイルスのPCR検査キットについて、一時的に販売を見合わせると発表した。28日に同社の取締役会において、経営体制の変更が決議されたためとしているが、事実上の販売中止とみられる。

楽天は厚労省にも連絡相談済と主張

批判を浴びていたPCR検査キットが、結局販売されないことになった。楽天は30日、ジェネシスヘルスケアが開発したPCR検査キットの販売を一時的に見合わせると発表した。同社が28日に開催した取締役会で、経営体制の変更を決議したことを理由とし、同社の新体制下におけるコーポレート体制とコンプライアンス体制を再度、精査確認した上で、再開について発表するとしている。

楽天が理由とするジェネシスヘルスケアの取締役会および経営体制変更というのは、同社社長である佐藤バラン伊里氏に浮上した経歴詐称疑惑に対する対応とみられる。佐藤氏に関しては、一部週刊誌で「コーネル大学医学部卒の医師」という経歴に重大な疑義があることを伝えていた。

楽天は発表の中で、PCR検査キットについて、過去2カ月以上にわたりジェネシスヘルスケアの説明をもとに医療専門家とともに検証を行い、また厚生労働省とも相談していたと主張しており、自社に責任がないことを強調している。

タイトルとURLをコピーしました