大阪府、ワクチン治験の審査委承認前に開始日発表と判明 吉村知事「あくまで目標」

フィーチャー
スポンサーリンク

大阪大などが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、大阪府は17日に「30日に治験開始」と発表したが、治験実施施設の大阪市大の審査委員会の承認が得られてない状態で発表していたことが分かった。

大阪府吉村知事 「発表したのは目標」

今月、治験を開始すると発表されたのは、大阪大学の森下竜一教授と製薬ベンチャー「アンジェス」などが共同開発しているワクチン候補物質。大阪府の吉村洋文知事は17日、市大病院の医療従事者20~30人を対象にした治験が30日から実施されると発表したが、実はそれまでに治験実施施設となる大阪市大の審査委自体が開催されておらず、承認を得られていないことが分かった。審査委員会は24日に開催された。市大は「審査結果は後日発表する」としており、大阪府が発表した30日に開始される可能性は低くなっている。

新薬などの治験が行われる際、治験実施施設の倫理審査委員会が承認してからスケジュールが組まれるのが通常であり、承認されるか不明な状態で治験開始日を憶測で発表すること自体、審査に重大な影響を与える可能性がある。市大関係者は「過熱して政治色が強くなりすぎている。承認されても、対象者には冷静かつ丁寧な説明の上、断る選択肢をしっかり保障してほしい」と懸念を示した。

日程公表について、吉村知事は24日の定例記者会見で「目標を発表したのであり、最終的には市大が決める」と述べ、アンジェスは治験開始期日に関し「弊社から発表したものではない」とコメント。森下教授は他のメディアへの取材申し込みに対し「このタイミングで取材をお受けするのは適切でない」と回答しているという。

タイトルとURLをコピーしました