西村大臣「マウスシールド、あまり良くない」 麻生大臣の着用についても指摘

ニュース
スポンサーリンク

西村康稔経済再生担当大臣(兼新型コロナ対策担当)は23日、都内で講演し、その中で麻生財務大臣が着用しているマウスシールドについて「専門家に言わせればあまり良くない」と指摘した。

「麻生さんもよくされてますが…」

西村氏は講演のなかで、顔を隠す必要がなくなることからテレビ番組のロケなどでマスク代わりに使われる「マウスシールド」について、「麻生さんがよくやられているんですけども、実は飛沫(ひまつ)が上から出るので、専門家に言わせるとあまり良くない」と指摘した。

理由として、コールセンターなどで感染者が出た例などを紹介し、「(マウスシールドに加えて)マスクをしていれば大丈夫なんでしょうけれど、マウスシールドだけだと飛沫が飛んでしまい、一人がうつっていると(他の人に)感染する」とした。マウスシールドやフェイスシールドに関しては、同氏が指摘する他にも、不織布マスクに比べて飛沫が漏れやすいとの指摘が出ている。

また西村氏は同日の他の記者会見で、政府の需要喚起策「GoToキャンペーン」のうち、コンサートなどのイベントと商店街を支援する事業について、近く開催される新型コロナウイルス感染症対策分科会の議論を踏まえ、10月中旬に事業開始が可能かどうかを判断する考えを示した。

タイトルとURLをコピーしました