米モデルナの新型コロナワクチン、有効性は「94.5%」と発表

ニュース
スポンサーリンク

 米バイオテクノロジー企業モデルナは16日、同社が研究開発中の新型コロナウイルスのワクチンが、実用化直前段階の臨床試験第3相で94.5%の確率で効果を示した、との中間の暫定的な解析結果を公表した。

3万人規模の臨床試験、これまでワクチン接種済みで発症したのは5人のみと発表

 モデルナが開発中のワクチンは、先週良好な中間解析結果を発表したファイザーとビオンテックのワクチン同様「mRNAワクチン」と呼ばれるもの。新型コロナウイルスの遺伝子配列を模したメッセンジャーRNAを介して、ワクチンそのものを体内に入れずとも、抗体を発生させる技術を応用したワクチン。モデルナが実施している臨床試験では30,000人以上の参加者の登録があり、米国立アレルギー感染症研究所 (NIAID)、米国立衛生研究所 (NIH)など政府機関が協力し解析を行っている。

 このほど解析を担当する機関の中間解析結果がまとまり、それによると、ワクチンの2回目の投与から2週間後に確認された発症例は95例で、そのうち90例がプラセボ群、5例はワクチン接種群だった。この比例を有効性としてパーセンテージで表せば、94.5%となる。また重症例はなく、副作用もほぼ軽微なもののみに止まったとしている。

 同社は今月内には最終的な解析結果が公表できるとの見通しを示すとともに、数週間内に規制当局である米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する可能性があるとしている。

タイトルとURLをコピーしました