ニュース

「積極確認アプリ」のリリース、6月中にずれ込む見通し 政府方針

2020年5月17日

政府は17日、新型コロナウイルス対策として5月の導入を目指してきた、感染者との接触状況を確認するスマートフォンアプリの公開がが6月にずれ込む見通しを示した。利用を予定しているAppleとGoogleの技術仕様公開を待ってから、開発者に委託するという。

当初は5月中旬を予定も Apple/Googleの技術仕様の公開待ち

各国がスマートフォンに残るデータを活用し、感染経路の追跡、または感染者との接触を確認するアプリを開発し、感染拡大防止の有効な一手にしようと取り組んでいる。日本でも政府の「新型コロナウイルス感染症対策 テックチーム 」が、スマートフォンのOSシェア9割以上を占めるAppleとGoogleが開発中の接触確認技術の利用を念頭に、民間団体の協力を得て5月中旬にもリリースする予定だった。

しかし先週に入り、Apple/Googleが開発中の技術を利用できるのは「各国の保健当局のみ」で、かつ「1国1アプリ」のみと表明したため、民間団体主導でアプリをリリースするのは断念。改めて政府が主導し、仕様策定からやり直すとされていた。

17日、そのアプリの仕様を検討する有識者会合が開かれたが、両者からまだ技術仕様の最終版が公開されておらず、会としてはそれを待ってから急ぎ仕様を策定、その後に開発者に委託することを確認した。そのためアプリの公開は6月中になるという。

ただ、両社は正式公開はしていないものの4月10日の発表後2度にわたり技術文書を公開しており、その中には一部のソースコードも含まれる。当初協力していた民間団体、一般社団法人コード・フォー・ジャパンはこれに基づいてすでに開発をほぼ完了させていたと先週の会合の中で資料を公開しており、有識者会合が示す「仕様」が具体的に何を示しているのかは不明だ。


You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply