ケアは素晴らしい、ということ

佐々木淳
スポンサーリンク

介護はとても大変な仕事だと思います。
ただ、ご家族の中には、家族をケアすることにご自身の新しい役割を見出したり、そのポジティブな側面を楽しんでおられる方もいらっしゃいます。

「事実」を解釈する価値フィルターを変えることで、世の中は違って見えてくる。

ご本人とご家族が、ポジティブな価値フィルターを持てるよう、持ち続けられるよう、ご家族も含めた最適な療養環境づくりをお手伝いすることが僕らの仕事。

ケアの素晴らしさが届きますように。

avatar

医療法人社団 悠翔会 理事長・診療部長
1998年筑波大学卒業後、三井記念病院に勤務。2003年東京大学大学院医学系研究科博士課程入学。東京大学医学部附属病院消化器内科、医療法人社団 哲仁会 井口病院 副院長、金町中央透析センター長等を経て、2006年MRCビルクリニックを設立。2008年東京大学大学院医学系研究科博士課程を中退、医療法人社団 悠翔会 理事長に就任し、24時間対応の在宅総合診療を展開している。

佐々木 淳をフォローする
佐々木淳
スポンサーリンク
医療者が本音で問う「激論」プラットフォーム | MEDIAN TALKS
タイトルとURLをコピーしました