インフルエンザ流行の現場から

カテゴリー 田澤雄基0件のコメント

昨日、東京都からインフルエンザの最新流行情報が出ました
都内の多くの地域が警報状態です。

大流行と言われた去年を超えて、過去5年で最大の感染者数ということで、人を見たらインフルエンザと思え、くらいの状況ですね。
電車でマスク、帰ったら手洗いうがいはマストかと思います。あとぜひ乾燥対策を。

折しも当直でインフルエンザ重症化で亡った方をお看取りしました。高齢の方、お子さんは本当に注意が必要です。
今年は去年と違ってA型が圧倒的に多い印象です。

皆さん、自分はもちろん、周りの方を守るためにも、感染には十分ご注意ください。


avatar
東京都医師会 医療情報検討委員会 委員
2014年慶應義塾大学医学部卒。
医学部生時代に医療IT系企業を起業し、売却。
研修医を経て慶應義塾大学医学部精神・神経科に入局。
大学院生として、人工知能やIoTを活用した精神疾患の診断研究に従事。
また同時に同医学部の産学連携プロジェクトを担当し、健康医療ベンチャー大賞を設立、実行委員長を務める。
独自の取り組みとして夜18-22時に診療する予防専門のMIZENクリニック豊洲を開業し、働く人のための夜間診療を行っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です