「重老齢社会」

カテゴリー 森田千雅子0件のコメント

先日の日経新聞で、こんな記事が出ていました。

 

団塊の世代が、全員75歳以上となる、2025年には、後期高齢者が前期高齢者の1.5倍になる。これまで、アクティブシニアによって顕在化してなかった高齢化の課題が火を噴くまで、そう時間はない。

 

以前から分かっていたことです。なぜ今頃、という感じがします。

数年前のアクティブシニア世代へに向けての市場が急成長、とはやし立てるブームや「介護予防で、活き活き元気な高齢者に」といった耳障りの良い言葉を連ねるその影で、隠れてしまった問題が、山積したままなんですよ。

もう、時間がないのです。
身体的な痛み、精神的痛み、経済的な痛み、社会的な痛み。
これを防ぐことはもはやできません。
理想論や、海外の話などしている余裕はありません。
「痛み」を前提で話さないと。

つまり、どの「痛み」を選びますか?ということです。
残念ながらすべての人が幸せになる選択肢はもはやないと、現場感覚では感じています。
そして、それをいつ決断するのか。
「偉い人」に選んでもらうまで待つつもりなのでしょうか。

田舎の街は機能しなくなるのも目前です。
私的には、消えゆく地域の緩和という論点も必要だと思っています。

 

【お知らせ:トロミ材の実践検証会のご紹介】

日時:3月31日 土曜日 13時〜17時
場所 :ウィリング 横浜 調理実習実践(京急上大岡 徒歩3分)

My客観的思考の師 吉島先生は仰いました。

「そもそも「根拠」なんて仮説なのだから、
検証することとセットなんだ」

だから、検証の方法に思いを巡らせない人に、
「仮説」という言葉を使って欲しくないんだけどね。

皆様は、どんなトロミ材を使っていますか?
頭だけで、止まってませんか?
この研修会に参加すると、トロミ材に関する色んなお悩みがスッキリとします。


avatar
在宅訪問管理栄養士
医療法人社団悠翔会で訪問栄養士として東京都在住の在宅患者への栄養指導を行っている。
所持資格:管理栄養士、介護支援専門員、ホームヘルパー2級、NST(栄養サポートチーム)専門療法士、調理師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です