接触確認アプリで感染2~3割減か 福井県がクラスター想定した試算

ニュース
スポンサーリンク

福井県の保健当局が、厚生労働省が運用を始めたスマートフォン向けの「接触確認アプリ」を、仮に過去発生したクラスターの全員がアプリを利用していたら「感染人数を2~3割減らせた」と試算していたことが明らかになった。

県議会で答弁 「アプリ導入で第2波に備えられる」

福井県ではこれまで122人が新型コロナウイルスに感染しているが、この「第1波」について多角的な検証を進めている。7月8日に行われた県議会の予算決算特別委員会で、仲倉典克委員(県会自民党)への答弁としてこの試算が明かされた。

県保健予防課によると、県内の第1波は2~3割が家族内での感染で、飲食店や職場、医療機関でのクラスター発生も大きな要因だった。答弁した県健康福祉部長の窪田裕行氏は、「集団で発生した場所がいくつかあり、アプリを導入していれば集団内の2~3割の方が感染せずに済んだ。皆さんがアプリを導入いただくことで第2波に備えられる」と述べた。

アプリは、過去2週間以内に感染者と濃厚接触した可能性があればスマホに通知される仕組み。個人情報漏えいリスクに配慮し、いつどこで濃厚接触したかが分からない仕様だが、県も感染拡大に防止に有効として、県民行動指針で使用を呼び掛けている。

タイトルとURLをコピーしました