ニュース

フジコンが医療機関にマスク100万枚寄付決定 Webフォームで寄付先を募集

2020年5月11日

フジコン・コーポレーション(福井県鯖江市)は、医療用マスク100万枚を全国の医療機関に寄付すると発表し、インターネットを通じて寄付先の募集を始めた。先着順で、18日より順次届けることができるという。

インターネットで寄付先募集開始 18日より順次寄付へ

同社は眼鏡メーカー藤田光学の関連会社で、生活雑貨販売を主な事業とする。福井県が実施する全県民へのマスク配布にも協力しており、4月には約3000万枚を供給し、5月には最大1億枚を全国へ供給予定だ。今回はこれとは別に、医療用サージカルマスク (米国規格 ASTM F2100−11 レベル1に適合) を100万枚寄付することを決め、インターネットで寄付先を募集する。内訳は1件につき2000枚とし500箇所、総数100万枚となる。受付は先着順。

また、同社サイトを通じた一般用マスクの売り上げ一部を医療用マスクの寄付にあてる。16日までの「看護週間」に、1箱50枚入り3箱(1万円)を購入ごとに、購入者からのメッセージを添えて25枚を医療機関に贈るとしている。

 

外部リンク:フジコンが設置した寄付先募集フォーム

 


You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply