ニュース

米FDA、ギリアドの抗ウイルス薬「レムデシビル」の緊急使用を許可

2020年5月3日

トランプ米大統領は1日、米食品医薬品局(FDA)が新型コロナウイルスの治療薬候補のひとつ「レムデシビル」を感染者に投与する緊急使用を許可したと発表した。

 

日本も早期に特例承認する見通し

米医薬大手ギリアド・サイエンシズが開発した「レムデシビル」は、もともとエボラ出血熱の治療薬としての使用が想定されていたが、基礎研究で新型コロナウイルスに対する効能も認められたため、現在日本を含む各国が参加する国際共同治験が行われている。米国立衛生研究所(NIH)は先月末この治験の結果の一部を公表し、新型コロナ感染者の回復が早める効果が認められたとしている。また一部報道では治験参加機関である米シカゴ大医学部での結果として、対象となった患者のほとんどが劇的な回復を見せたともされた。その一方で、中国の臨床試験では効果が認められなかったとも発表されている。

日本政府はレムデシビルについて、海外の状況をみて審査の手続きを簡略化する「特例承認」を適用する方針。すでに手続きがはじまっており、早ければ1週間程度での承認されるとみられる。承認されれば、国内初の新型コロナウイルスの治療薬となる。


You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply