鳥の目より上の目

カテゴリー 佐々木淳0件のコメント

つくば科学技術産業イニシアティブ。
演者としてお呼びいただきましたが、経産省・政策統括調整官の江崎さんの話がとにかく面白過ぎる。

出生率を上げても問題の解決にならないこと。
予防医学政策が医療費の削減につながらないこと。
日本の高齢化率が46%でフィックスすること。

数学的な説明で気持ちよく整理してくれる。

人口構造の変化、疾病構造の変化を過去から未来まで、「鳥の目」を超えて、いわば人工衛星のような高度から俯瞰的に見てみると、いつもとは違う視野が広がっている。

見慣れた統計やグラフを、ちょっと違う切り口でカットして、違う前提で眺めてみると、新しい景色が見えてくる。

そして議論を突き詰めていくと、「蟻の目」から見ていたものと、実は同じものを見ていたということにも気がつく。
いろんな視野でものごとを眺める、というのはやっぱり大切。

一度、私が主宰する「在宅医療カレッジ」でお話してほしいなと思いました。


avatar
医療法人社団 悠翔会 理事長・診療部長
1998年筑波大学卒業後、三井記念病院に勤務。2003年東京大学大学院医学系研究科博士課程入学。東京大学医学部附属病院消化器内科、医療法人社団 哲仁会 井口病院 副院長、金町中央透析センター長等を経て、2006年MRCビルクリニックを設立。2008年東京大学大学院医学系研究科博士課程を中退、医療法人社団 悠翔会 理事長に就任し、24時間対応の在宅総合診療を展開している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です