ニュース

専門家会議尾身副座長、感染者数の実態について「誰も分からない」と答弁

2020年5月11日

政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂副座長(地域医療機能推進機構理事長)は11日、国会で国内の感染者の実態について聞かれ「誰も分からない」と答弁した。

参議院予算委員会の質疑で答弁

この日開催された参院予算委員会に、参考人として招致された尾身副座長に対し、福山哲郎議員(立憲民主)は国内の感染者を報告数の10倍程度とする専門家の推定を示し「蓋然性があるのでは」と質問した。尾身副座長はこれに「症状が軽い、ない人が多くいる。(実際の人数について)10倍か15倍か20倍というのは誰も分からない」と述べ、また「今の報告数よりも多いのは間違いないと思うが、全ての人に検査をしていない」と、実態を調査することができていないとの見方を示した。

 

(写真:首相官邸ホームページ 2020年4月7日の首相会見、左が尾身副座長)


You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply