コラムニスト

佐々木淳

納得できる「死」などあるのか

最近100歳になったばかりのSさん。 老人ホームで暮らしている。 そんな彼女は診察のたびに口癖のようにこう言うのだ。 「長生きしても何にもいいことない。もう早く逝きたい。」 一昨年、そ...
西智弘

ケアとPR②:公共を治療する

昨日、人生会議ポスター炎上問題で上記の記事を書いた。 本日昼に補足する連ツイをしたら意外と長くなったので、noteにまとめておこうと思った次第だ。 抗がん剤との比較で「公共の治療」を考えて...
西智弘

ケアとPR:人生会議ポスター炎上に思うこと。

(以下に、今回話題となった人生会議ポスターの図柄がサムネイル表示されます。見たくないという方は、この先を読まないか、高速で画面をとばすかなどしてください) ...
スポンサーリンク
内田直樹

「認知症予防ビジネス」に関して

このような「研究成果」があるそうです。 「対照チーズ群と比較してカマンベールで血中BDNF濃度が上昇した」というだけで、「本研究の結果から、MCI(軽度認知障害)の高齢者において、カ...
佐々木淳

北欧メソッドを、舞浜に見る

「舞浜倶楽部」は、Asia Pacific Eldercare Innovation Awardを受賞したこともある、世界的に注目される高齢者施設。 鍵をかけない、手すりだらけにしない、落ち着いた内...
佐々木淳

「胃瘻だけは、したくない」

80代、要介護5の女性。 脳卒中を起こし四肢の不全麻痺、言葉を発することはできない。肺炎を繰り返し、いまは高齢者施設で経鼻経管栄養チューブとともに生きている。自己抜去のリスクが高いとされ、手には...
佐々木淳

救急医療、かかりつけ医、そして

診療を終えて夜の都庁へ。 何かあったら119番で病院へ行けばいい。 そして、かかるなら大病院。 都民の意識調査からはそんな人たちが少なくないことがわかっています。 一方で、救急車以外に...
佐々木淳

『重老齢社会』

こういう意見を「きれいごと」「絵に描いたモチ」と切って捨てるのは簡単だ。 しかし、日本は高齢化率28%を超え、世界で唯一、超高齢社会を卒業し、超超高齢社会に突入、「高齢者の高齢化」も進行...
佐々木淳

分身ロボットカフェ DAWN

孤独を解消し、社会の可能性を拡張する。 オリィ研究所は、孤独化の要因となる「移動」「対話」「役割」などの課題をテクノロジーで解決し、これからの時代の新たな「社会参加」を実現しようとしている。 ...
佐々木淳

しあわせになる方法、あります

横浜・戸塚公会堂で、在宅医療普及啓発講演会。一般市民の方々向けにお話をさせていただきました。 お集まりいただいた元気な高齢者の方々にこっそりお伝えしたのは、医療保険や介護保険にできるだけ依存せず...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました