佐々木淳

北欧メソッドを、舞浜に見る

「舞浜倶楽部」は、Asia Pacific Eldercare Innovation Awardを受賞したこともある、世界的に注目される高齢者施設。 鍵をかけない、手すりだらけにしない、落ち着いた内...
佐々木淳

「胃瘻だけは、したくない」

80代、要介護5の女性。 脳卒中を起こし四肢の不全麻痺、言葉を発することはできない。肺炎を繰り返し、いまは高齢者施設で経鼻経管栄養チューブとともに生きている。自己抜去のリスクが高いとされ、手には...
佐々木淳

救急医療、かかりつけ医、そして

診療を終えて夜の都庁へ。 何かあったら119番で病院へ行けばいい。 そして、かかるなら大病院。 都民の意識調査からはそんな人たちが少なくないことがわかっています。 一方で、救急車以外に...
スポンサーリンク
佐々木淳

『重老齢社会』

こういう意見を「きれいごと」「絵に描いたモチ」と切って捨てるのは簡単だ。 しかし、日本は高齢化率28%を超え、世界で唯一、超高齢社会を卒業し、超超高齢社会に突入、「高齢者の高齢化」も進行...
佐々木淳

分身ロボットカフェ DAWN

孤独を解消し、社会の可能性を拡張する。 オリィ研究所は、孤独化の要因となる「移動」「対話」「役割」などの課題をテクノロジーで解決し、これからの時代の新たな「社会参加」を実現しようとしている。 ...
佐々木淳

しあわせになる方法、あります

横浜・戸塚公会堂で、在宅医療普及啓発講演会。一般市民の方々向けにお話をさせていただきました。 お集まりいただいた元気な高齢者の方々にこっそりお伝えしたのは、医療保険や介護保険にできるだけ依存せず...
佐々木淳

とあるFAX

こういう個別のクリニックを取り扱う記事の多くは、実は広告なのだということを読者は知っているのでしょうか。 「いいお医者さん」系の特集記事の多くは、裏で広告代理店が動いています。 ちなみに週刊新...
佐々木淳

医療経済という言葉は、免罪符ではない

医療者や医療機関経営者にとって「医療経済」とは自分たちの収入そのものですが、納税者や保険者にとっての医療経済は、社会投資であり、社会保障支出です。 目の前の患者さんに対してベストの医療を提供すること...
佐々木淳

第1回在宅医療連合学会

記念すべき第1回在宅医療連合学会、学術集会。 光栄にも我が悠翔会の仲間と私は、いくつものプログラムに呼んでいただいたり、あるいは演題に採用いただきました。 こちらにまとめてご報告をさせてください。...
佐々木淳

【独逸徇行記⑦】「共同体」という名の住まいとは

バスを降りた瞬間、圧倒される存在感。 ここが本当にシェアハウス? 自然保護区の中に77,000㎡の広大な敷地を持つWIR VOM GUTはドイツで最近急速に増えてきているWG(住居共同体)の一...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました