「正しい手洗いか」を判定するAI、富士通研究所が開発

ニュース
スポンサーリンク

手洗いを正しくできているかどうか判定するAIを、富士通研究所が開発したと発表した。主に食品事業者や医療現場における衛生管理に活用できるとしており、感染症予防にも貢献できるとしている。

食品工場や医療現場の衛生管理に有用

今回同社が中国の関連会社と開発したのは、カメラで撮影した映像から、複雑な手洗い動作を認識するAI「行動分析技術 Actlyzer(アクトライザー) 手洗い動作認識」と呼ばれる技術。以前から持っている行動分析技術にプラスして「両手形状認識」と「手洗い動作の認識」をそれぞれ学習するディープラーニングエンジンを開発。それぞれの学習結果を相互にフィードバックして、認識精度を向上させたという。結果、厚生労働省が推奨する「正しい手の洗い方6ステップ」において、95%以上の平均判定精度で動作認識でき、手をこすった回数の判定精度も90%以上であることを確認した。

正しい手洗い動作を判定する映像認識AI技術を開発

同社は、本技術は主に食品工場などの生産現場の衛生管理に有効だとしているが、それだけにとどまらず、医療や教育現場、宿泊・イベント施設など様々な現場にも貢献できるとしている。

タイトルとURLをコピーしました