300本のブラシ

カテゴリー 佐々木淳0件のコメント

久しぶりに仕事が入った、と86歳、一人暮らしのばあちゃんは笑う。静岡に300本のブラシを納品するのだという。

青竹の柄に、規則正しくたくさんの穴を開けて、そこに乾燥させたアロエの繊維を埋め込んで行く。全行程を一人で、全て手作業で。
気の遠くなるような話だが、ご主人と始めたこの仕事を、12年前にご主人を見送り、10年前にお姑さんを見送った今も、一人、黙々と続けている。
注文主も長年のつきあい。彼女の仕事ぶりをよく知っている。だから納期もかなり緩やかに設定してくれている。

私は死ぬまで働くよ。
働くのやめたら、きっとボケる。

そう自信満々に語る彼女は、すでに今年の四月の誕生日を迎え、自分が90を超えたと信じている。
もちろん、敢えて訂正はしない。


avatar
医療法人社団 悠翔会 理事長・診療部長
1998年筑波大学卒業後、三井記念病院に勤務。2003年東京大学大学院医学系研究科博士課程入学。東京大学医学部附属病院消化器内科、医療法人社団 哲仁会 井口病院 副院長、金町中央透析センター長等を経て、2006年MRCビルクリニックを設立。2008年東京大学大学院医学系研究科博士課程を中退、医療法人社団 悠翔会 理事長に就任し、24時間対応の在宅総合診療を展開している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です