抗菌性創傷包帯の市場規模推移、現状、トッププレイヤー、動向、2031年までの予測

COVID-19の影響に関する詳細な分析とデータ主導の洞察が、この世界の抗菌性創傷包帯市場レポートに含まれる

COVID-19の影響に関する詳細な分析とデータ主導の洞察がこの抗菌創傷包帯の世界市場レポートに含まれる

抗菌性創傷被覆材の世界市場(収益別)は、2022-2031年の期間に6%のCAGRで成長すると予測されています。

世界の抗菌性創傷被覆材市場では、いくつかの先進的な被覆材が導入されていることが確認されています。キトサンは、高度な抗菌剤としての可能性を秘めた天然ポリマーのひとつです。このポリマーは生分解性で無毒な材料であり、迅速な治癒を促進します。同様に、細菌感染に対抗するために、ベンダーは抗菌ペプチドを備えたセルロース膜を開発しました。この植物由来の材料でできた肌に優しい膜は、細菌を効果的に殺し、抗菌効果を発揮する。このように、革新的で高度なドレッシング材料の導入は、治癒能力が証明されていることから、市場に影響を与える可能性が高い。

無料サンプルレポートへのアクセスはこちら@ https://www.sdki.us/sample-request-112042

以下の要因が、予測期間中の抗菌性創傷被覆材市場の成長に寄与すると考えられます。

– 高度な抗菌性ドレッシング材料の導入

– 病院における創傷治療管理会社の役割の増加

– 遠隔医療がCovid-19期間中の創傷治療のダイナミクスを変化させる

本調査では、抗菌性創傷被覆材市場の現在のシナリオと2020-2031年の市場ダイナミクスを考察しています。いくつかの市場成長のイネーブラー、阻害要因、トレンドの詳細な概要をカバーしています。本レポートでは、市場の需要面と供給面の両方を提供しています。市場で事業展開している大手企業やその他の著名な企業のプロファイルを作成し、調査しています。

抗菌性創傷被覆材の世界市場のセグメント化

抗菌性創傷被覆材の世界市場調査報告書は、製品、創傷タイプ、エンドユーザー、地域による詳細なセグメンテーションを含んでいます。湿気と細菌の増殖の最適なバランスを維持するための理想的なソリューションと考えられており、フォームベースのドレッシングの需要は世界的に拡大しています。これらのドレッシング材は、グラム陽性菌やグラム陰性菌、真菌やイースト菌の感染に対して有効であるため、既存の創傷治療プロトコルに準拠しています。術後切開、褥瘡、静脈うっ滞性潰瘍、糖尿病性潰瘍、ドナー部位、擦り傷、裂傷、皮膚疾患の管理における増加により、フォームベースのドレッシングは非常に人気があり、それによって市場の見通しに影響を及ぼしています。

手術部位感染症(SSI)の増加は、急性創傷の成長の重要な要因となっています。COVID-19のパンデミックは、世界中の医療システムの脆弱性を露呈し、世界市場に悪影響を及ぼしています。患者や医療従事者の感染リスクを低減し、個人防護具(PPE)、人工呼吸器、集中治療ベッドなどの重要な資源を節約するために、短期間の選択的手術の禁止が制定され、高度創傷治療製品の使用が制限されるようになりました。さらに、高齢者は急性疾患や慢性疾患にかかりやすいため、外科手術の件数は増加傾向にあり、世界的に抗菌性ドレッシング材の使用が必要とされています。

慢性創傷患者の多くは、創傷状態の診断、治療、治癒のための最新の機械や技術を備えた病院での治療を希望しています。集中治療サービスや大きな切断を必要とするリスクの高い糖尿病性足の症例は、すべて病院で行われます。したがって、糖尿病性足の症例の増加は、市場にとって好材料となる可能性が高い。COVID-19の発生により、創傷管理のために病院を選ぶ患者が減少し、抗菌性ドレッシングの需要が一時的に減少した。2020年には、創傷管理専門クリニックが26%超のシェアを占める。治癒しない創傷は、基礎にある複雑な条件により、擦り傷が治癒しないため、専門的な治療が必要です。パンデミックの発生により、ほとんどの病院がCOVID-19患者の治療を優先するため、創傷治療専門クリニックが注目されるようになった。

製品紹介

– 発泡体

– ハイドロゲル

– コラーゲン

– アルギン酸塩

傷の種類

– 急性期

– 慢性

エンドユーザー

– 病院

– 創傷管理専門施設

– 長期療養型医療施設

– 在宅医療施設

地域別情報

– 北アメリカ

o アメリカ

カナダ

– ヨーロッパ

o イギリス

o ドイツ

o フランス

o イタリア

o スペイン

– APAC

o 中国

o インド

o 日本

o 韓国

o オーストラリア

– ラテンアメリカ

o メキシコ

o ブラジル

o アルゼンチン

– 中東・アフリカ

o サウジアラビア

o トルコ

o 南アフリカ

ベンダー別インサイト

3M、Smith+Nephew、Mölnlycke Health Care、ConvaTec、Coloplast、3Mが市場で事業を展開する主要企業です。これらの企業は、世界の抗菌性創傷被覆材市場において大きなシェアを占めています。新製品の発売や戦略的買収、コラボレーションは、今後数年間の収益成長を維持するために非常に重要です。グローバルプレイヤーは、市場での競争力を維持するために、革新的な製品の開発と製品ポートフォリオの拡充に注力しています。しかし、アジアの企業を含むいくつかのTier-IIおよびTier-IIIの企業は、抗菌ドレッシングを競争力のある価格で提供しているため、主要プレイヤーに脅威を与えているのです。

主なベンダー

– 3M

– コロプラスト

– スミス+ネフュー

– メルンリッケヘルスケア

– コンバテック

その他の有力ベンダー

– アルゲンタム・メディカル

– アスペンサージカル

– アクシオバイオソリューションズ

– ビー・ブラウン・メルスンゲン

– BD

– BSNメディカル

– コバロン・テクノロジーズ

– カーディナル・ヘルス

– セルエラ

– ダーマライト

– デロイヤル・インダストリーズ

– エロクエスト

– フェリス工業

– GEMCOメディカル

– ポール・ハートマン

– ホリスター

– インテグラライフサイエンス

– ローマン&ラウシャー(L&R)

– ミリケン

– メドライン

– オルガノジェネシス

– ファーマプラスト

– セーフン・シンプル

– サウスウエストテクノロジーズ

– ウルゴ・メディカル

– トリコル

– トリアージ・メディテック

回答された主な質問

1. 市場規模、成長率は?

2. 抗菌性創傷被覆材市場の成長を促す主要因は何か?

3. 市場で最大の収益を上げている地域はどこか?

4. 抗菌性創傷被覆材市場において、主要な製造業者はどこか?

5. 5.市場の成長を阻む市場阻害要因は何か?

6. 抗菌性創傷被覆材における最新の技術革新は何か?

SDKIについて :

現在のグローバル経済におけるビジネス環境はダイナミックであり、ビジネスプロフェッショナルの間では、市場の現状を把握する必要性が高まっています。このようなニーズに応えるため、渋谷データカウント(SDKI)は、ヘルスケア&製薬、IT&テレコム、化学&先端材料、消費財&食品、エネルギー&電力、製造&建設、工業オートメーション&機器、農業&関連産業など、さまざまな業種のビジネスプロフェッショナル向けに市場調査レポートを提供しています。

詳細については、下記までお問い合わせください。

ローレン・ブラウン
渋谷データカウント
電子メール: sales@sdki.jp
電話番号:+81 3 45720790

抗菌性ドレッシング材が必要とされるのは、急性および慢性疾患である。

慢性創傷患者の多くは、診断、治療、治癒のための最新の機械や技術を備えた病院に治療を依頼しています。集中治療サービスや大きな切断を必要とするリスクの高い糖尿病性足の症例は、すべて病院で行われます。したがって、糖尿病性足の症例の増加は、市場にとって好材料となる可能性が高い。COVID-19の発生により、創傷管理のために病院を選ぶ患者が減少し、抗菌性ドレッシングの需要が一時的に減少した。2020年には、創傷管理専門クリニックが26%超のシェアを占める。治癒しない創傷は、基礎にある複雑な条件により、擦り傷が治癒しないため、専門的な治療が必要です。パンデミックの発生により、ほとんどの病院がCOVID-19患者の治療を優先するため、創傷治療専門クリニックが注目されるようになった。

製品紹介

– 発泡体

– ハイドロゲル

– コラーゲン

– アルギン酸塩

傷の種類

– 急性期

– 慢性

エンドユーザー

– 病院

– 創傷管理専門施設

– 長期療養型医療施設

– 在宅医療施設

 

その他の関連レポート

Ophthalmic Devices Market
Ophthalmic Devices Market
Ophthalmic Knife Market
Hybrid Operating Room Market
Hybrid Operating Room Market

Related Articles

Back to top button