フッ素化学の市場規模、上位国データ、地域別産業分析、サイズ、2022-2031年予測

フッ素化学品の市場は、予測期間中、世界的に年率4.4%以上の成長が見込まれています。フッ素化学品は、1つ以上のフッ素原子を含む有機または無機化合物です。フッ素化学品は、水や油をはじき、工業処理における過酷な物理的・化学的条件に対して優れた耐性を発揮します。HVACシステムからの需要の高まりが、市場の成長を後押ししています。

– しかし、世界中でフッ素化学とコロナウイルスの発生に関連する環境問題は、研究市場の成長を阻害する可能性があります。
– 防水衣料に使用される雨をはじくフッ素化学の研究開発は、今後5年間、フッ素化学市場に機会を提供すると思われます。
– フルオロカーボンは、調査した市場の中で最も支配的な製品セグメントです。
– アジア太平洋地域は、中国やインドなどの国からの消費の増加により、世界中で支配的であった。

このレポートのサンプルPDFをダウンロードする。- https://www.sdki.us/sample-request-86318

主な市場動向

フルオロカーボンが市場を支配

– オゾン層保護と地球温暖化防止を目的とした規制強化により、フルオロカーボンが市場を席巻する見通しです。
– フルオロカーボンは、推進剤、発泡剤、冷媒、溶剤に使用されており、主要メーカーは、より有害性の低いフルオロカーボン代替品を開発しているため、フルオロカーボンの需要が急増すると予想されています。
– オゾン層破壊への懸念は、予測期間中にフルオロカーボン需要に有害な影響を与える可能性があります。
– フルオロカーボンは冷媒として機能し、製造業におけるクリーンエアシステムの重要性の高まりや、自動車へのHVACシステムの搭載の増加が、市場の成長を高めると予想されます。
– 前述のすべての要因が、予測期間中にフッ素化学市場を牽引すると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を支配する

– アジア太平洋地域は、自動車やインフラセクターのHVACシステムにおける冷媒の用途が拡大していることから、予測期間中、最大かつ最も成長の早い市場になると予想されます。
– フッ素テクノロジー製品は、建築膜やコーティング剤、コーキング剤、耐腐食性・強靭性・耐紫外線性を備えた電線・ケーブルなどの材料として、建設・建築業界で一般的に使用されています。
– 包装食品や冷凍食品の消費量の増加により、業務用冷却システムの需要が増加しており、これがフッ素化学産業の成長を促進する可能性があります。
– AHFなどのフッ素系化学品は、その費用対効果の高さから、アルミニウムの生産に多く使用されています。また、軽量でメンテナンスが容易なことから、電子機器や自動車用途にアルミニウムが使用されるようになり、フッ素化学の需要を促進する可能性があります。
– 中国とインドではアルミニウムの埋蔵量が豊富で、国内の金属部門へのFDIを促進する規制があるため、この地域での用途が拡大すると予想されます。
– したがって、このような市場動向はすべて、予測期間中に同地域のフッ素化学市場の需要を促進することが期待されます。

関連レポート

Fluorochemical Market
Chlorinated Polyethylene Market
Low VOC Adhesive Market
Low Temperature Powder Coating Market
Low Migration Ink Market
Polymer Coated Fabric Market

Related Articles

Back to top button