絶滅イベントと温度変化は直接関係しています

東北大学の名誉教授は、大量絶滅の規模と地質時代の地球の気温変化との間に強い関係があることを示す証拠を発掘しました。

この研究は、2022年7月22日にジャーナルBiogeosciencesに掲載されました。

大規模な火山噴火と隕石による環境破壊を伴う突然の気候変動は、顕生代全体で大規模な大量絶滅を引き起こしました-現在まで5億3900万年をカバーしています。

今日まで、地温異常と陸生動物の絶滅との関係についての定量的評価はほとんどありませんでした。さらに、海洋動物と陸生動物は異なる絶滅率を経験しており、この現象は未だ調査されていません。

海保邦夫名誉教授は、海生無脊椎動物と陸生テトラポッドの絶滅率が、冷房か温暖化かに関係なく、地球と生息地の表面温度の偏差に対応していることを示しました。 「ビッグファイブ」の主要な絶滅の間の種の喪失は、海洋動物の>7°Cの地球寒冷化と>7-9°Cの地球温暖化、および>7°Cの地球寒冷化と>〜7°Cの地球温暖化と相関していました陸生テトラポッドの温暖化。

「これらの発見は、気候の変化が大きければ大きいほど、大量絶滅が大きくなることを示している」とカイホ氏は語った。 「彼らはまた、地球規模の表面温度の異常に関連して絶滅の規模が変化した場合、人間の活動に関連する将来の絶滅は同じ比率にはならないだろうとも語っています。」

Kaihoは、平均地球温度の5.2°Cの温度上昇が以前のものに匹敵する大量絶滅イベントをもたらすと主張した以前の研究を引用しています。しかし、この研究の分析に基づくと、温度は9°C変化する必要があり、これは最悪のシナリオでは2500まで現れません。

Kaihoはまた、地球温暖化イベントに対して、海洋動物よりも陸生テトラポッドに対する耐性が低いことを発見しました。しかし、海洋動物は、陸生動物よりも同じ生息地の温度変化に対する耐性が小さかった。これは、陸域の温度異常が海面水温の2.2倍であるためです。これらの現象は、進行中の絶滅パターンに適合します。

今後、海宝は2000年から2500年の間に発生する将来の動物の絶滅の規模を予測しようとしています。

Related Articles

Back to top button